• ともみ

夫婦の絆

みなさまこんにちは!


本日はN夫妻のなみのりふね体験談です。

かなり変化が大きい&感慨深さがすごい(語彙力よ)

エピソードのため長くなりますがご了承くださいませ。


N夫妻とのご縁は

なみのりふね大阪のチラシを見た奥様が

お一人で来てくださったのが始まりでした。


お仕事帰りに来てくださったのですが

なみのりふね体験後は身体が軽くなり、

重いと感じていたリュックまで

まるで背負ってないかのような感覚に。

おうちまでの帰り道があっという間だったそうです。

(飛んで帰ったみたいな感覚でした! と後日話してくださいました)


これは良い気がする!と実感され

「本当は自分よりも主人に乗ってもらいたくて…」と

その後すぐにご主人を連れてきてくださいました。


最初にいらしてくださったご主人は

長年の仕事からくるストレスで疲弊されていて

終始うつむき加減で目を合わすことも難しい状態。

心が閉じてしまっている印象を受けたそうです。


なみのりふねの説明をしている間も

なんとか頷いてくださっている感じで

これは逆にしんどくさせてしまっているなと

早速ベッドに乗ってもらったところ

ご本人の感想は「何も感じないし分からない」でしたが

オーナーが“漂わせる”技術の話をしたそうです。


あれもこれも、いますぐ自分がどうにかしないといけない

と思うのではなくて

今できることはこれ、他のことは後で考えよう

ぐらいの心もちでいたほうが意外とうまく収まることもありますよ、と。


この話がストンと腑に落ちてくださったようで

心がわずかにこちらに向いてくださったかなという感覚があり

少しでもよくなってくれると良いね、と話していました。


(この時点では

また来てくださったらとっても嬉しいけど

なかなか難しいかもなぁ…と思っていました)


それから間もない一週間後に

まさかのご予約をくださった時はびっくりしながらも喜びの舞…!!!


奥様が「少し続けてみたら?」とお声をかけてくださっていたそうで

渋々ながらも奥様に連れ添われて

何度かなみのりふねへ乗りにきてくださいました。

奥様曰く、この時はきっと主人自身が一番なんとかしたいという気持ちがあったんじゃないかな…とのこと。



しばらくして奥様がお一人でいらしてくださった際、

変化を上げ始めたらキリがないんですけど、、と嬉しい報告をいただきました。


まず一つ目に、目が変わられたと。

ずっと何かに対して怒ってるような目をしてらっしゃたのが

今は全然そんな感じがなくなったし

昔みたいに奥様に向かっておどけてきたりするようになられたそうです。


そして二つ目に、

何かしようとすると頻繁に手が震えていたのがすごく少なくなったと。

今まで指摘すらできなかったけれど、「減ったよね?」と聞いてみたら

ご主人にも自覚があったようで頷かれたそうです。


そして三つ目に、

以前は一人では何もできないほど疲れ切っていて

奥様からどこどこ行こう、〜しよう、と言うと

仕方なく着いて来てくれる感じだったのが

なんとこの間ご主人から「映画行かへん?」とおっしゃられたそうで

ほんっとうに感動しましたと。


もう私、このお話聴きながら拍手喝采が止まりませんでした、、


ただただお伝えするだけの立場ですが

本当に本当に本当に嬉しくて


数ヶ月前からしか知らない私たちでこれだけ嬉しいのだから

長年ご主人を見守って来られた奥様の喜びは想像を絶します。


ご主人のお仕事の方も、

若い方をまとめるお立場でいらっしゃるのですが

“漂わせる”を思い出しながら向き合っていると

なぜかうまいこと収まることが増えたそうで、

これもまた嬉しい限り…!


初めてお二人で来てくださったのが昨年9月のことでしたが

今ではご主人お一人でもなみのりふねに乗りに来られるようになり(!)

ご夫妻でd.Mにも参加してくださったり

目覚ましい変化を見せてくださっています。


その中の集まりでご主人自ら、

「このベッドに乗ると何か調子が良いんですよ」と

他の方にお話してくださったと聞いた時はもう感涙、、、


なんかもうもうもう、(丑年だけに)

ほんっとうにありがとうございます!!!

でしかないです。


こんなに嬉しいことってなかなかないです。


何と言ってもめっちゃ素敵な奥様ですよね、、(;;)

夫婦で支え合うってこういうことかと

お会いする度に勉強させていただいております。


また、この場を信頼してくださり

パーソナルなご体験談を仔細にわたってシェアいただいたことにも

心より御礼申し上げます。


これからもN夫妻と共になみのりふね大阪も前進していきたく存じますので

今後ともよろしくお願いいたします!

94回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示